© 2017 Polly Barton. All rights reserved

 Pollyについて

ポリー・バートン(Polly Barton)はイギリス在住の日英翻訳者。

西ロンドンで生まれ育つ。ケンブリッジ大学で哲学を専攻。卒業後に来日して佐渡島の中学校で英語を教える。田んぼと海とスナックに囲まれながら、日本語の勉強に夢中になる。

その後、ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院(SOAS)でTheory and Practice of Translation(翻訳の理論と実践)の修士課程を修了。 2012年、文化庁が立ち上げた第1回JLPP翻訳コンクール最優秀賞受賞(課題作品は安部公房「ヘビについてI、II、III」と池澤夏樹「都市生活」の英訳)。有吉佐和子『非色』の英訳により2016年度のKyoko Selden Memorial Translation Prizeを受賞。2017年1月に柴崎友香『春の庭』の英訳をイギリスのPushkin Pressから出版。窪美澄『ふがいない僕は空を見た』の英訳に対して2017年度のPEN/Heim Translation Grant Fundを受賞。現在はフィクションを中心に、ノンフィクション、美術、社会科学など、あらゆる分野の翻訳を行っています。